まずは28錠タイプから

考えている女性

トリキュラー通販サイトで販売されているトリキュラーには、2つのタイプがあります。
1つは「トリキュラー錠21」、もう1つは「トリキュラー錠28」です。
それぞれ名前の後に付いている数字が違うのがわかると思いますが、
これは1シートに入っている錠剤の数を表しています。
トリキュラー錠21なら、1シートの中に錠剤が21錠、トリキュラー錠28なら1シートの中に錠剤が28錠入っています。
錠剤数が多い方が高い効果を期待できそうな気がしますが、実は21錠タイプも28錠タイプも効果は同じです。
低用量ピルというのは、どの商品でも21日間服用したら7日の休薬期間を設け、再び21日間服用するという飲み方が基本です。
トリキュラー錠21は、錠剤が21錠しか入っていないので1シートに21錠を飲みきったら7日間休薬し、
8日目からまた新しいシートを飲み始めることになります。
トリキュラー錠28は、実は28錠のうちの7錠は何のホルモンも配合されていないプラセボ錠になります。
そのため、7日間の休薬期間を設けず毎日飲み続けることにはなりますが、そのうちの7日間は何の効果もないダミーの錠剤を呑んでいることになるので、実質21錠タイプと効果に変わりはないということなんです。
トリキュラー通販サイトでこの2つが販売されていると、つい価格が安い方のトリキュラー錠21を購入したくなりますが、
初めてトリキュラー通販を利用する人には、少し価格が高くても28錠タイプがおすすめです。
28錠タイプは休薬期間もプラセボ錠を飲み続けることで、飲み忘れを防ぐ効果があるんです。
初めてトリキュラー通販を利用する人が21錠タイプを使用すると、休薬期間開けの8日目に新しいシートを飲み始めるのをうっかり忘れてしまうことが多いんです。
低用量ピルというのは一度飲み忘れてしまうと避妊率は大幅に下がるので、最初のうちは飲み忘れの少ない28錠タイプがおすすめですよ。